慣れた操作で扱える

0 Comment

社内の端末すべてにAutoCADを導入したいがコストが合わない、バージョンアップに追いつかないなどの問題を抱えている企業は少なくありません。中には、取引先のデータを受け取るために互換性の高いAutoCADを導入したいという事情もあるでしょう。補完CADとして、サブ的な使い方をするCADソフトが欲しいということもありがちです。こうしたさまざまな事情に応えてくれるのが、DWG互換CADです。

会社員DWG互換CADのメリットは、低コストで運用できるだけでなく、使い慣れたAutoCADの操作ができる点にもあります。新しい複雑なCADソフトを導入しても、社内の全スタッフが操作に慣れるにはトレーニングが必要です。そのためのコストもかかり、時間と費用をかけた割にはそれほど活用しないスタッフもいるなどの問題点が残ります。その点、DWG互換CADであれば、これまでの慣れた操作で運用できるのが便利です。それぞれのスタッフが、必要な部分だけを取り入れて活用できる点でもDWG互換CADは優れています。新たなトレーニングなどに時間やリソースを割くことなく、CADソフトの機能を向上させることができる点がDWG互換CADを導入するメリットです。

次頁…DWG互換CADの導入事例