DWG互換CADの導入事例

DWG互換CADを使いこなしている企業には、共同開発されているDWG読み書き機能を搭載したソフトを導入しているケースが多いようです。高性能かつ効率的なこの読み書き機能は、互換性にあまりブレがないのが特徴です。また、価格もAutoCADより1割から5割程度にまで抑えられているというメリットがあります

企業によっても、AutoCADの使い方は異なります。図面がきれいに印刷できるかに最もこだわる企業もあれば、補助的に使えればよいという企業もあります。DWG互換CADにどのソフトを選ぶかは、企業のニーズを優先すればよいでしょう。すでに実務レベルで活用できるという意見が多いだけに、あとは企業ごとの活用方法によって選んでもよいということです。

パソコン業務の目的が細かく異なり、複数の活用をしたいという企業では、通常のライセンスを追加していくのはコスト的にも教育訓練も大変です。カスタマイズに自由性が高いDWG互換CADであれば、コストを抑えた運用が可能になるでしょう。多くの企業ではパソコンをリースしていますが、パソコンのリースサイクルに対してAutoCADの更新サイクルは短いことも問題視されています。最新の3次元機能を使用しているスタッフが少なく、ほとんどのスタッフは印刷や修正などを行う程度の活用であることからDWG互換CADの導入に踏み切ったという企業もあります。

《AutoCAD参考リンク》製品概要

未分類

慣れた操作で扱える

社内の端末すべてにAutoCADを導入したいがコストが合わない、バージョンアップに追いつかないなどの問題を抱えている企業は少なくありません。中には、取引先のデータを受け取るために互換性の高いAutoCADを導入したいという事情もあるでしょう。補完CADとして、サブ的な使い方をするCADソフトが欲しいということもありがちです。こうしたさまざまな事情に応えてくれるのが、DWG互換CADです。

会社員DWG互換CADのメリットは、低コストで運用できるだけでなく、使い慣れたAutoCADの操作ができる点にもあります。新しい複雑なCADソフトを導入しても、社内の全スタッフが操作に慣れるにはトレーニングが必要です。そのためのコストもかかり、時間と費用をかけた割にはそれほど活用しないスタッフもいるなどの問題点が残ります。その点、DWG互換CADであれば、これまでの慣れた操作で運用できるのが便利です。それぞれのスタッフが、必要な部分だけを取り入れて活用できる点でもDWG互換CADは優れています。新たなトレーニングなどに時間やリソースを割くことなく、CADソフトの機能を向上させることができる点がDWG互換CADを導入するメリットです。

次頁…DWG互換CADの導入事例

未分類

ライセンス不足から

建設業界で3次元モデルを使った設計を行うことが増えてきた中、従来の2次元CADソフトの運用コストをいかに削減するかが課題とされてきています。そこで注目されているのが、以前から使われてきているAutoCADの図面を読み書きできるうえにコストは抑えることができるDWG互換CADです。すでに導入している、導入を検討しているといった企業が多くはなっていますが、DWGファイルの互換性に疑問を持つ人もまだ少なくありません。図面化け、ファイルサイズによる安定性や操作性、教育訓練の必要性など、懸念される点はいくつもあります。

ビル大手企業ともなれば数千台規模のパソコンにAudoCADを導入していることから、正規ソフトのライセンス不足に頭を抱えているケースも珍しくありません。社内ユーザーによっても、使用方法や使用頻度が異なります。そのような理由から、DWG互換CADを導入する企業も増えています。既にDWG互換CADを導入している企業の多くが、コストダウンにつながるとの手ごたえを感じているようです。正規ソフトを社内の全パソコンに導入するのは無駄が出るとの考えもあるものの、ソフトが導入されている端末と導入されていない端末があるのは情報共有がしにくいため、DWG互換CADのような互換性と低コスト性を兼ね備えたソフトは便利です。

次頁…慣れた操作で扱える

未分類

CADのDWG互換性

パソコンDWGデータの編集を助けてくれるDWG互換CADは、設計業界でその実用性が注目されているソフトです。DWG互換CADを導入する企業も増えてきており、性能も品質も飛躍的に進化し続けています。CADの運用コストも軽減することができるDWG互換CADについて、購入する際のポイントを紹介しましょう。

DWG互換CADは、大企業でも注目されているソフトです。さまざまなDWG互換CADを試用してみることで、使い勝手の良さを確かめている企業も出てきています。社内の端末すべてにAutoCADソフトを正規で導入するのはコスト的に無駄があっても、ソフトを導入しない端末が出てくるのは情報共有の点で不足が出そうです。その点でも、DWG互換CADなら低コストで全ての端末に同じソフトを導入できる可能性が広がってきます。

新しいソフトを導入すると、スタッフにトレーニングをする必要が出てきます。しかし、トレーニングに時間や費用をかけた割には、全スタッフが同じレベルでソフトを使うとは限りません。DWG互換CADであれば、これまでの操作を引き継いで活用できるため、時間やコストを節約できます。

DWG互換CADの導入事例は、企業によってさまざまです。最新の3次元CADを使っているスタッフは少なく、ほとんどが印刷や修正にAutoCADを使っているスタッフという状況の企業がDWG互換CADを導入した例も少なくありません。リースパソコンのサイクルに対して、AutoCADソフトの更新サイクルは圧倒的に短いという理由もDWG互換CADの導入が注目されているポイントです。

次頁…ライセンス不足から

未分類